1.映画レビュー

【映画レビュー】「ハドソン川の奇跡」の感想|誇りを持てる仕事をしたいと思った【2016年】

更新日:

この記事は約 6 分で読めます。

ezoe
ezoe

プロ意識を持っていると、仕事に誇りを持つようになるんやろうなぁ。

感想

引用:映画「ハドソン川の奇跡」より

大都会ニューヨークの上空で飛行機のエンジンに鳥さんたちが突っ込んでしまって起きるバードストライクによって、飛行機のエンジンが全部止まってしまうという事故が起きてしまったのですね。

ハドソン川に不時着できなかったら都会のビルの中に突っ込んでしまう大惨事になるところだったのですね。

それをサリー機長は適切な判断を下してハドソン川に不時着し、全員無事だったのは本当に奇跡ですよね。

トムハンクスって色んな役をすることができるのね。

最初、機長がトムハンクスって気づかなかったもん。

無事に帰還してからの機長にかけられる疑いは腹立たしいものがあるけど、事故調査委員会の人たちも仕事だからしょうがないのかなとか思いながらも嫌だったな。

今回はしっかりと無実と証明されたからよかった。

あらすじ

2009年1月15日に極寒のニューヨーク上空で155名の乗客を乗せた航空機が突如全てのエンジンが停止してしまい、ハドソン川に不時着して奇跡的に全員生存となった実話をもとにした映画。

この偉業は「ハドソン川の奇跡」と呼ばれてパイロットのサリーは英雄として称賛されるはずだったが、機長の決断に疑惑がかけられるようになった。

本当に不時着以外の選択を選ぶことはできなかったのかと、事故調査委員会や世論から、サリーは殺人未遂の罪にまで問われてしまう。

しかし、サリーの疑いは晴れて事故が発生した状況で不時着を選んだサリーはまさしく英雄として奇跡を成し遂げたと称賛されるのであった。

ハドソン川の奇跡より

映画情報

邦題ハドソン川の奇跡
原題Sully
上映日2016/9/24
作成国アメリカ
上映時間96分

キャスト

監督:クリント・イーストウッド

クリントイーストウッド

クリント・イーストウッド監督は頑固じじいなイメージ。

作品のこだわりが強くて手掛けている作品は個人的に好きなものが多い。

クリントイーストウッド監督の作品が好きって言う人は「渋いね~」て言われると思う。

クリント・イーストウッドが監督の他の作品

運び屋

リチャードエンジェル

アメリカンスナイパー

ジャージーボーイズ

J・エドガー

グラン・トリノ

チェンジリング

ミリオンダラーベイビー

パーフェクトワールド

脚本:トッド・コマーニキ

俳優:トム・ハンクス

トムハンクス

映画の最後に実話の本物の機長の写真が出てくるんだけど、トムハンクスが似せにいっているのがすごいな。

トムハンクスはどんな役でもできるスーパースターですね。

そんなトムハンクスの他の作品も面白い映画たくさんあるので是非見てみてね。

トムハンクスが出演している他の作品

インフェルノ

ウォルトディズニーの約束

天使と悪魔

ダ・ヴィンチ・コード

ターミナル

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

キャストアウェイ

グリーンマイル

フォレストガンプ

ローリ・リニー

アーロン・エッカート

オータム・リーサー

ジェリー・フェレーラ

【まとめ】これからプロ意識を持って仕事頑張ろっと。

この映画見ると、仕事に誇りを持ってるのってかっこいいな~て思いますね。

会社という枠組みの中で働いているけど自分にしか出来ない価値を提供していくのがやりがいにつながると良いですよね。

モチベーション上げたいときとかに見ると良い映画ですね。

そんなハドソン川の奇跡はU-NEXTで見ることができます。

31日間無料トライアルで見れるからとりあえず登録してハドソン川の奇跡を見るのもありですね。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>




-1.映画レビュー

Copyright© ezoblog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.