映画レビュー

【5点中4点】映画「竜とそばかすの姫 」のネタバレあり感想|守られる立場から守るお母さん的立場に成長する話【2021 年】

更新日:

この記事は約 11 分で読めます。

細田守監督の最新作!

これは映画館で観に行きたかった映画です。

東宝シネマズ日本橋で観てきました。

King Gnuの常田大希さんが率いるミレニアムパレードの主題歌を中心に劇中での音楽が最高でした。

迫力のある映画館で観る価値のある映画で大満足でした。

映画観るなら<U-NEXT>

作品情報

邦題竜とそばかすの姫
上映日2021/7/16
作成国日本
ジャンルアニメ
上映時間121分
作品情報

あらすじ

50億人がすれ違う 美しくも残酷な仮想世界。

ベルの歌声は世界を変える——

自然豊かな高知の村に住む17歳の女子高校生・すずは、幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。

母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずは、その死をきっかけに歌うことができなくなっていた。

曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日、親友に誘われ、全世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>に参加することに。

<U>では、「As(アズ)」と呼ばれる自分の分身を作り、まったく別の人生を生きることができる。

歌えないはずのすずだったが、「ベル」と名付けたAsとしては自然と歌うことができた。

ベルの歌は瞬く間に話題となり、歌姫として世界中の人気者になっていく。

数億のAsが集うベルの大規模コンサートの日。

突如、轟音とともにベルの前に現れたのは、「竜」と呼ばれる謎の存在だった。

乱暴で傲慢な竜によりコンサートは無茶苦茶に。

そんな竜が抱える大きな傷の秘密を知りたいと近づくベル。

一方、竜もまた、ベルの優しい歌声に少しずつ心を開いていく。

やがて世界中で巻き起こる、竜の正体探し(アンベイル)。

<U>の秩序を乱すものとして、正義を名乗るAsたちは竜を執拗に追いかけ始める。

<U>と現実世界の双方で誹謗中傷があふれ、竜を二つの世界から排除しようという動きが加速する中、ベルは竜を探し出しその心を救いたいと願うが——。

現実世界の片隅に生きるすずの声は、たった一人の「誰か」に届くのか。 二つの世界がひとつになる時、奇跡が生まれる。 もうひとつの現実。

もうひとりの自分。もう、ひとりじゃない。

filmarksより

キャスト

監督・脚本・原作:細田守

細田守

映画「時をかける少女」や「サマーウォーズ」などの素晴らしい映画を世に出してくれた素晴らしい監督です。

今回もどんな映画でワクワクさせてくれるのかとても楽しみでした。

まだ他の作品を観てない方は以下にこれまでの細田守監督の作品を一覧でまとめておきましたので、参考にしてみてください。

出演者

出演者情報は「俳優(役名)」の順番で記載しています。

中村佳穂(すず/ベル)

中村佳穂

竜とそばかすの姫が声優としてデビュー作品のようです。

ベルの声といい、歌声も透き通って綺麗な歌声で最高でした。

佐藤健(恵/竜)

佐藤健

佐藤健さんが竜の声優をやっているのは気づきませんでした。

ezoe
ezoe

エンドロールで気づきました

佐藤健さんの演技力は凄いから声優の時も、佐藤健の声ではなくてしっかりと竜や恵としての声だから、映画を観ている時に違和感なく魅了してくれるのでしょうね。

佐藤健さんが出演している他の映画
  • るろうに剣心
  • 何者
  • 世界から猫が消えたなら

他のマイナーな映画が気になったらU-NEXTで検索するのをおすすめします。

U-NEXTはマイナーな映画を多く取り揃えてくれてます。

映画観るなら<U-NEXT>

感想

入りの音楽が最高にかっこよくて鳥肌が立った

すずは普通の女の子だけど、お母さんと一緒に歌うのが好きで、小さい頃からずっと歌ってきた。だけど、人の前で披露するのは恥ずかしくてこれまで表現することができなかった。

そんなすずがUという仮想空間で自分の姿を隠し、Uが自分の潜在能力を最大限に引き出してくれることで、多くの人を魅了することになりました。

そのシーンが細田守監督映画でよく出てくる守り神であるクジラの上に乗って歌っている姿はめちゃくちゃかっこよかったです。

恵のお父さんは殴るフリだけで実際には殴ってないのか

竜の正体は恵という男の子でしたが、弟と二人で母親を亡くしてしまい、心に傷を負ってしまっているところがすずと共通している点でした。

すずは小さいときに母親を亡くしてから、母親の寂しさを感じながら生きていましたが、恵たちを助けたいと思い、自分の力で助けにいきます。

このシーンから、これまではしのぶさんなどに守ってもらう立場でしたが、恵たちを守る母親のような存在に成長したことを表現しているのでしょう。

ただ、その描写をするにしては、恵たちは簡単に家を出れていたのと、動画から場所をある程度特定できるとは家、あんなに広い住宅街の中でいとも簡単に会うことができたのはちょっと違和感を感じましたね。

そして、恵の父親は殴るふりをして脅していましたが、すずには頬にしっかりと爪の傷をつけていたので、本当に児童虐待する悪い父親でしたね。

取材では愛想よくふるまっていても、子供の顔からどんな大人なのかにじみ出るもんですね。

てか、すずが関東に恵を助けに行くときに、電車で周りにいる大人もついていきなさいよって思いましたね。

一人で問題を解決したっていう描写をしたかったのでしょうが、もやっとしました。

美女と野獣をオマージュしていた

すずのUでのアバターの名前は「ベル」でした。

竜は指名手配のような画面では「ビースト」と表現されていました。

竜がいた城や、赤い薔薇などいたるところに美女と野獣の設定が散りばめられていて、ディズニーが好きな人は「あ、このシーンも美女と野獣のシーンじゃん!」と楽しむことができます。

美女と野獣では城の召使いたちがロウソクや時計に変身させられていますが、竜とそばかすの姫ではAIという妖精のようなものが登場します。

これが何を表現していたのかはわからなかったですね。

調べてわかったら追記しますね。

音楽

竜とそばかすの姫は音楽がめちゃくちゃよかったです。

それもそのはずで、 King Gnuの常田大希さんが関わっていたみたいです。

ezoe
ezoe

そりゃあ良い音楽なわけですわ。納得です。

millennium parade - U

常田大希さんのTwitter

映画『竜とそばかすの姫』劇中歌/Belle【心のそばに】MV

映画『竜とそばかすの姫』劇中歌/Belle【歌よ】MV

まとめ

映画を観終わったらサントラをヘビロテするクセがあります。

上記3つの音楽はYouTube Musicのプレイリストにして聞いています。

早くVODで観れるようにしてほしいですね。

そしたらもう一回観たいです。

竜とそばかすの姫は音楽が最高なので、是非迫力のある映画館で1度は観てみてください!

細田守監督の他の作品は2021/7/17(土)からNETFLIXで観れるようになったので、配信している間に見直すのもアリですね。

映画観るなら<U-NEXT>

-映画レビュー
-, ,

Copyright© ezoeの映画ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.