MUSIC

【音楽】ニルヴァーナ初心者向け

投稿日:

ニルヴァーナって聞いたことあるけど、どんな音楽なのか知らない。

本記事ではそんなニルヴァーナ初心者向けに有名な曲を紹介していきたいと思います。

基本情報

1987年結成

1994年解散

ワシントン州アバディーン出身

アメリカの端っこですね。

メンバー

✅カート・コバーン(ギターボーカル)

Kurt Cobain of Nirvana/Getty Imagesより引用

作詞作曲担当

クリス・ノヴォセリック(ベーシスト)

Photo: GETTYより引用

カートとクリスがニルヴァーナのオリジナルメンバーで不動です。

デイヴ・グロール(ドラム)

Dave Grohl - Photo by Michel Linssen/Redfernsより引用

基本的にニルヴァーナはトリオです。

パット・スメア(ギター)

サポートメンバーです。

ストーリー

時代としては今もありますが二つに分類されてました。

オーバーグラウンド→メジャーな音楽
アンダーグラウンド→マイナーな音楽

メジャーで商業的に音楽をやるのではなく、自分たちの信念を元に音楽を芸術として作っています。

オススメのシングル

スメルズ・ライク・ティーン・スピリット

これが一番有名な曲ですね。

これ知っとけばとりあえず「ニルヴァーナ知ってる」て言えるでしょう。笑

1番の歌詞

ワンオク カバー

マンウィズ カバー

オススメのアルバム

ネヴァーマインド

このジャケットがとても有名ですよね。

このTシャツ着てる兄ちゃん達が多いですよね。

収録曲

全部で13曲です。

  1. スメルズ・ライク・ティーン・スピリット
  2. イン・ブルーム
  3. カム・アズ・ユー・アー
  4. ブリード
  5. リチウム
  6. ポリー
  7. テリトリアル・ピッシングス
  8. ドレイン・ユー
  9. ラウンジ・アクト
  10. ステイ・アウェイ
  11. オン・ア・プレイン
  12. サムシング・イン・ザ・ウェイ
  13. エンドレス・ネームレス

イン・ブルーム

カム・アズ・ユー・アー

リチウム

イン・ユーテロ

https://www.youtube.com/watch?v=sJtqaAYKuoc

MTV・アンプラグド

ニューヨークでのアコースティックなライブ。

これがかっこいいんだなー。

ブリーチ

インセスティサイド

カートが選ぶ50のアルバム

Kurt Cobain's Top 50 Albums

  1. Iggy & The Stooges - Raw Power (1973)
  2. Pixies – Surfer Rosa (1988)
  3. The Breeders – Pod (1990)
  4. The Vaselines – Dying for It (1988, listed as Pink EP)
  5. The Shaggs – Philosophy of the World (1969)
  6. Fang – Landshark! (1982)
  7. MDC – Millions of Dead Cops (1981)
  8. Scratch Acid – Scratch Acid (1984, listed as 1st EP)
  9. Saccharine Trust – Paganicons (1981, listed as 1st EP)
  10. Butthole Surfers – Pee Pee the Sailor (1983)
  11. Black Flag – My War (1984)
  12. Bad Brains – Rock for Light (1983)
  13. Gang of Four – Entertainment! (1979)
  14. Sex Pistols – Never Mind the Bollocks, Here's the Sex Pistols (1977)
  15. The Frogs – It's Only Right and Natural (1989)
  16. PJ Harvey – Dry (1992)
  17. Sonic Youth – Daydream Nation (1988)
  18. The Knack – Get the Knack (1979)
  19. The Saints – Know Your Product (1978)
  20. Kleenex – "anything by:" (1978–1983, collected on 1993's Kleenex/LiLiPUT anthology)
  21. The Raincoats – The Raincoats (1979)
  22. Young Marble Giants – Colossal Youth (1980)
  23. Aerosmith – Rocks (1976)
  24. Various Artists – What Is It. (1982, erroneously listed as What Is This?)
  25. R.E.M. – Green (1988)
  26. Shonen Knife – Burning Farm (K Records version, 1985)
  27. The Slits – Cut (1979, listed as Typical Girls)
  28. The Clash – Combat Rock (1982)
  29. The Faith/Void – The Faith/Void (1982)
  30. Rites of Spring – Rites of Spring (1985)
  31. Beat Happening – Jamboree (1988)
  32. Tales of Terror – Tales of Terror (1984)
  33. Leadbelly – Leadbelly's Last Sessions Volume One (1953)
  34. Mudhoney – Superfuzz Bigmuff (1988)
  35. Daniel Johnston – Yip/Jump Music (1983)
  36. Flipper – Album – Generic Flipper (1982)
  37. The Beatles – Meet the Beatles! (1964)
  38. Half Japanese – We Are They Who Ache with Amorous Love (1990)
  39. Butthole Surfers – Locust Abortion Technician (1987)
  40. Black Flag – Damaged (1981)
  41. Fear – The Record (1982)
  42. Public Image Ltd – The Flowers of Romance (1981)
  43. Public Enemy – It Takes a Nation of Millions to Hold Us Back (1988)
  44. Marine Girls – Beach Party (1981)
  45. David Bowie – The Man Who Sold the World (1970)
  46. Wipers – Is This Real? (1980)
  47. Wipers – Youth of America (1981)
  48. Wipers – Over the Edge (1983)
  49. Mazzy Star – She Hangs Brightly (1990)
  50. Swans – Young God (1984, erroneously listed as Raping a Slave)

-MUSIC

Copyright© ezoblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.